前へ
次へ

インフルエンザに感染する原因

冬になると猛威を振るうのがインフルエンザになります。
インフルエンザは、インフルエンザウィルスによって発生しますので、これを防げば感染することもなくなるでしょう。
ではどのような場面で感染しやすいかと言えば気温が低くて空気が乾燥しているときになります。
気温が低い場合は、基本的に空気の中は乾燥している傾向があるでしょう。
これは飽和水蒸気量などを考えればわかります。
もし、インフルエンザウィルスが体の中に入ってしまった場合は特に熱が出る可能性があります。
これを避けるためには、可能な限りマスクをして外を歩くべきでしょう。
外を歩く場合でもマスクをしてさえいれば絶対に感染しないわけではありません。
そのためマスクだけでは足らずうがいを積極的にすることが必要になります。
うがいをする場合には、家に帰ってからすぐするようにしましょう。
時間が経過してしまうと効果がなくなるだけでなく部屋の中にウィルスがまき散らされてしまいます。

Page Top